トイレタンクのレバーをいじらずクラシアンに依頼を

最近はエコ生活を心がけるご家庭も多くなっていて、その中でトイレの水の節約のため、トイレタンク内にペットボトルを入れているという御家庭も少なくありません。しかしクラシアンには、このエコのために行った行為がもとでトイレタンクやトイレの詰まり等の故障が起きたために修理を依頼してくる方も多いのです。

トイレタンクにペットボトルを入れて節水をしようとしたのに、トイレタンクが詰まったという場合、大量のティッシュでトイレが詰まったという事ではなく、ペットボトルのふたが外れて詰まっているという事もあります。

この時、事態を悪化させる行動に何度も操作レバーで水を流そうとする行為があります。レバーを操作して水を流そうとしてもトイレタンク内の部品などに故障がある場合流れることはないので、詰まっている、動かない、水が流れないという場合には、レバーを何度もいじらずにクラシアンに連絡しましょう。

異物が詰まっている場合も、自分で異物を取り除ける事もありますが、一時的に流れてもその先にまだ異物が詰まっていれば再度流れなくなるため、やはりクラシアン等の水回り修理のプロを依頼する方が安心です。

トイレタンクの修理についてはクラシアン等のプロがその状態をみて何が必要なのか見極めて修理する事が必要なのです。クラシアンにトイレタンクの状態を説明し、すっきり修理してもらいましょう。